【 ゲイムの部屋 ACV 編 】

GO BACK TO THE KIKUMAIN



やぁ良い子の諸君。戦争してるかね?



ヤメなさい!

不謹慎過ぎるぞ発言が!




あ〜早くプラモ出ねぇかなァ〜!!なァオイ!!

ここでも愛機の名前は「冒険号」かYO!



もう一度言う。

あ〜早くプラモ出ねぇかなァ〜!!なァオイ!!アンタもそう思うだろう!!

そして相も変わらず グレー 一択!!


■■■ はい、ここまでオープニング ■■■

で、早速本題に入るが、我々は3年待った。否、3年待たされたのだ。

なので・・・



このような書込みがネットのあちこちで流れようとも・・・流れたところ・・・で・・・・


なんだこの鯖落ちップリは!!

俺らの仕事場、現場でこんなことあったら、客に怒られるだけじゃすまねぇぞ。
緊急対応・緊急対策・謝罪・説明・再発防止、コトによっちゃぁ賠償&プロジェクト撤退、取引停止、もう二度とその顧客からは受注出来なくなるぞ。

いいな!オレもゲーム会社に転職するか?

いや・・・ある意味今の現場以上に家に帰れず、遊べず、プラモ作れず、だろうから、ヤめとこう。

まぁそれでもオレは、それでもボクは!(「やめてよね」のキラ)、俺たちは3年待ったのだ。

硬派な(ホントか?)リアル系(ホントか?)のロボット戦闘芸無なんだ。

少々の困難など爆炎グレネードで木っ端微塵に吹き飛ばすぜ!

まーそんなわけで、ガンダムよりはリアルな戦争の兵器っぽいデザインのイカしたロボ軍団を自由にパーツ・カスタマイズし、
初心者を全く寄せ付けない難易度操作、はしょりすぎて脳内補完出来ない程イミフなストーリーシーン、

そんなアンタにシヴィれるッ!あこがれルゥ!

・・・・・

ンなわきゃねェだろ!このヤルゥオォォォォォォォォォォォォォォォ!!!!!

シナリオ、ストーリーはもっとなんとかならんのか!?ならなかったのか!?ってか、なんとかしなさいよ!!

・・・
・・・・・・
・・・・・・・・・・・

ハッ・・・ハァハァ・・・・ま、まぁ気を取り直すとしよう・・・

あれこれ不満点はあるが、そこはまぁ、マニア馬鹿だけにしか受けいられないような内容だと、(その方が E と思うんだけどなぁ)
商売が、シリーズが、認知が、ユーザー層が限られ、将来的に(やはり商売的に)先がなく、小さな世界でまとまってやがて終わっていくから、
派手な戦闘シーンや、恐竜ちっく、宇宙生命体ちっくなロボ、スーパーとんでも敵メカロボ、武器、そしてポロリも!出さざるを得ないのだ。(いや、ポロリはでねぇだろ)

このゲームエンジンを流用してオレに作らせろ!オレにプロデュースさせてくれ!

(前に日記で書いたが、このエンジンを流用してフレーム・アームズも出せばいいのになぁ)

ま、それはさておき。

それでも受け手、一ユーザー、一ファンとして、楽しもうではありませんか。

さてこのゲーム、先にも述べたとおり前作から3年が経ち、内容も大幅リニューアルということで、ゲーマーの関心も高かったのか、
発売翌日の金曜日にゃ都内はほぼ全て売り切れという、昨今のゲーム業界不振の中にあっては珍しい異例のヒットとなった。

んで、悲しい一リーマンのキクメンも金曜夜に売り切れ寸前でなんとか無事購入し、早速金曜日からノンストップパワープレイに突入。

鯖が不安定でオンラインがしょっちゅうブツ切れされてもへこたれず、ソロでも、KIYOとイシケン含めて3人でも遊んだ。

当然気がつくと朝の6時近くになるという「祭り」状態だった。

で、明けて土曜日は昼から夕方までは延々とオンでソロで遊んでいた。
食事→芸無、プラモン塗装→芸無、掃除→芸無、買い物→芸無と、休日のいつものデイリーワークの合間は全てACVという有様だった。

当然その後、夜&夜中からはノンストップパワープレイで、結局ストーリーシナリオは全て終わらせ、気がつくとやはり朝6時だった・・・・

・・・と、まぁ、そんな土曜の昼間から夕方にかけての我が愛機というのが冒頭の写真というわけ。

先に述べたとおり、現在はストーリーミッションは全て完了し、我がチームのチームレベルも50を越え、カラサワや月光などの武器パーツもほぼ出揃った状況だ。

こないだ買ったゲーム機の画面をPCに取り込むキャプチャーカードはPS3の場合、例のハイビジョン画像を取り込む場合の映像保護機能のせいで、
いちいちケーブルをHDMIからコンポーネントケーブルにつけかえて、(PC裏やテレビ裏の配線が非常にメンドイ)
しかもいちいちゲームを終了させてPS3のテレビ出力も変更設定しなけりゃならず、
この点箱丸(X-BOX360のコトね)はHDMIケーブルを付け替えるだけでキャプチャー出来て大変ラクだ。

話がそれたが、要するにPS3のキャプチャーは面倒で、いったん画像を撮ったら、また新たな画像を撮るのがおっくうで面倒だということ。

そんなわけで、現在はさらに高性能なパーツに付け替えてるんだけど、いったん土曜日昼〜夕方までの機体を紹介する。



本当はこっちの頭の方が頑丈なのだけれど、ロボは見た目も大事でして・・・
(見た目だとォ!性能の方こそ大事だろが!!・・・いや、おっしゃる通り、おっしゃる通りですがそれでも・・・それでもボクは・・・)



見た目で、こちらの方をチョイスしました。
先のシルクハットのような、角ばったバケツ頭はイヤでございます。



武装ですが、最初はネット情報はほとんど見ずにプレイしており、そのときはバトルライフルで戦っておりましたが、
その後Wガトリング最強伝説っつーのをネットで見て、ためしにつけて戦ってみたら確かに非常にラクになったので、ガトリングがデフォになりました。
(そういやAC3でもオレ的最強武器は両肩中折れ式ガトリングだったな)



そしてその次に強いのが近距離でWショットガンであります。確かにそれもまたその通りでした。



後はHEAT弾頭の無ロックオン式ロケット弾をぶち込んでやることにします。
(その後予備マガジンがデフォになったけど)



この機体でACテストのタンク先生に挑んでみることにします。



開幕スタート、ブーストダッシュ!!



敵がAIだから通じる、柱戦法、セコセコ戦法。



柱を盾に、ヒョコッと横に飛び出してチクチク当てては、サッと柱の影に隠れる繰り返し。



HEAT弾を効果的に当てると熱ダメで結構早く決着つくわけです。

さて、2012年1月29日午後6時現在、我がチームレベルはレベル51、ストーリーミッションも終え、オーダーミッションは80まできております。

この後も仲間が参加してきそうな勢いで、そうなると対戦・陣取り合戦、エキストラミッションなども出来そうで、
さらに、プラモも発売されたりなんかしたら(確実に出ると思うけど)ますます面白くなっていくACVであります。

いや〜・・・こりゃプラモン進捗に大ダメージを与えそうだなあ・・・・



今回のACVの二脚ロボを見ていると、ガンダムダブルオーに出てくるティエレンを思い出してしまいます。

片方の足に大型の盾をつけている点と、戦車のような重装甲のイメージがあり、どちらも実にカッチョ E 〜ですなぁ〜・・・

では最後にもう一度書きましょう。

ハヨ、プラモ出せやコラ!!